読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MILKの旅ブログ。マイルとホテルと

旅行と食べる事が大好き。飛行機やマイルの事、ホテルの事などいろいろ書きます。THE ALFEEのファン。

南仏のバスで乗り過ごし!

あれは2006年、地中海クルーズで南仏に寄った時のことです。


ヴィルフランシュ・シュル・メールという、小さな港町に停泊。


そこからテンダーボートで上陸し、南仏を満喫しました!



自分で言うのもなんですが、私、南仏には何度も行っていて、


最低限の土地勘はあったため、ツアーではなくて、自分達で周りました。


バスに乗ってまずニースに行き、その後、またバスでモナコへ。


日が暮れる頃になって、船のいる町に戻る予定でした。



ちなみに、あちらのバスというのは、日本と違って、


バス停ごとにアナウンスが流れる事はありません。


自分達で気をつけて、前のバス停を過ぎたらブザーで知らせるのです。


ニースとかモナコとかは、非常にわかりやすいので大丈夫ですが、


小さな港町のバス停、しかも暗くなってからでは、


目印がよくわからないので、運転手さんにお願いする事にしたのです。


「すみませんが、○○という所に来たら降りるので知らせて下さい」と・・・。



すると運転手さん、「はい、わかったよ。ちなみに、そこのお客さんも一緒だよ」。


見ると、外人の年配ご夫婦が座っていて、私達に「ハイ!」と言ってきました。



それで、すっかり安心しきっていた私。


運転手さんまかせで、携帯などいじっていました。



すると、しばらくして運転手さんが、


「OOで降りるって言ってた人、降りて。」と言うのです。


ああ、無事着いたか~と思って、降りようとしたところ、運転手さんが、


「悪いけど、一つ前のバス停だった。忘れてた」というではないですか!!


私達も、外人夫婦も「なんだって~~~?!」となりましたが、


運転手はケロっとした態度で「はい、降りて降りて」と・・・。



確かに、バスは引き返すわけにもいかないでしょうし、


これ以上先に行ったら大変なので、仕方なく降りたのですが、


問題なのは、この先どうやって船に戻るか、ということ。


船の出発までは、1時間しかなかったのです!(@o@)



早速、逆方向のバスの時間を調べましたが、なんと、最終便を過ぎていた!


私達は途方に暮れました。


外人のご夫婦もオロオロしており、奥さんの方は泣き出す始末。(^^;;;


旦那さんの方に話しかけた所「歩いていこうかと思う」と・・・。


え~~~!バス停の距離がどれだけあるかわからないのに、


なんて無謀な!!



そこで私は考えました。


目の前に、閉店間際の花屋さんが見えたのです。


花屋さんにすがるしかない!!と・・・。



片づけ中のおじさんに、英語で話しかけてみました。


(ここでフランス語しか通じなかったらアウトでした・・・)


「私達はクルーズの客で、OOというバス停で降りなきゃいけなかったんだけど、


運転手が忘れていて、ここまで来てしまいました。


タクシーを呼んでいただくことは出来ませんでしょうか?」と・・・。



すると、おじさん、「OK!ちょっと待ってて~!」と、優しい返事。


運が良い事に、おじさんは英語も堪能だったのです。



おじさんは、すぐに手持ちの携帯電話でタクシーを呼んでくれ、


私達が待っている間、ジュースまで配ってくれました。(T-T)


なんて優しいの、南仏の花屋さん!!



結局、4人まとめてタクシーに乗り込み、


出港の30分前には、船にたどりつくことが出来ました・・・。(^^;;;



ちなみに、老夫婦の奥さんの方は、オロオロ泣くだけで、


旦那さんの方は、タクシーに余計な出費をする事が不満なようで、


私に一切「ありがとう」を言ってくれませんでした。。。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6230640925393476"
data-ad-slot="7594418266"
data-ad-format="auto">