読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MILKの旅ブログ。マイルとホテルと

旅行と食べる事が大好き。飛行機やマイルの事、ホテルの事などいろいろ書きます。THE ALFEEのファン。

ヴェネチアのレストランでのお話

海外旅行のトラブル

今回のお話は、海外旅行にだいぶ慣れてきた頃のお話です。


ヴェネチアに行き、お腹が空いたからお昼食べようか、ということに。


リアルト橋の付近に居たのですが、そのたもとのレストランが盛況だったのと、


眺めがとにかく良いので、入ってみました。(テラス席だったのです)



ウェイターはとてもにこやかで、


「食前酒はなんにします?」と聞くので、「キールで」というと、


「じゃあ、3杯ね」というので、ドキっとして、「は?」というと、


「彼と、あなたと、そして、僕の分!」と、冗談。


「アハハハ」と3人で笑いました。



ここまでは冗談で済んだのですが・・・。



メニューを持ってきて、「どれにいたします?」と聞いてきたので、


普通に「シーフードパスタを二つ」と言いました。


「お客様、残念ながら、パスタ類はきらしております。


こちらのお魚料理なんか、お安くて良いかと思いますが」と、


魚料理を指さしました。


ん?確かに安いみたい・・・。


でも、魚の一品料理が、パスタより安いはずはないし、


隣の外国人、パスタ食べてるじゃない。


不思議に思ってメニューをよーく見ると、


「100gにつき」という文字が、ちいさ~く書いてあるじゃないですか!


つまり、メニューの値段は、100g単位の値段であって、


実際はその何倍もするはずなのです!



そこに気付いた私、「私はこれを食べたくない。パスタが食べたい」と、


もう一度言いました。


そして「隣の人もパスタを食べているじゃないですか!」と・・・。


するとウェイター、「見抜かれたか」という顔で、


「わかりました・・・」と渋々退場。



その後、気になって周りのテーブルを見たところ、


うわ~~~、すっごい魚料理が!あちこちに!!


あれ、1kgくらいあるんじゃないでしょうか?(@o@)


計算すると・・・1皿1万円くらい??


多分、日本人じゃ食べきれないでしょう・・・。


持ってこられた日本人客も、「え?え?」という顔をしてます。


(テーブルが遠かったので、忠告できなかった・・・)



そして・・・思っていた通りの出来事が。


とあるおばあさん(こちらは外人観光客)が、お会計の際に、


ウェイター一人に「なんだこの会計は!」と詰め寄ったのです。


すると驚いた事に、あちこちにいたウェイターが一斉に集まり、


おばあさんを取り囲んでしまった!!!(@o@)


おそらく「メニューにこう書いてあるだろう!」と押し通して、


お会計させたのだと思います。おそろしや・・・。


もちろん、人の良い気の小さな日本人観光客の皆さんは、


訳のわからないまま、とんでもないお会計をしてしまったでしょう・・・。



ちなみに、私達が頼んだシーフードパスタは、


おそらく地元イタリア客向けなのでしょう、


かなりレベルの高い、美味しいパスタでした。


お値段も、1500円くらいと、普通でした。



今回の教訓は、「100gにつき」という言葉に気をつけましょう!です。


ウェイターに勧められても、それを信じきってはいけません。


特に、イタリアの観光地では・・・。(^^;;;





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6230640925393476"
data-ad-slot="7594418266"
data-ad-format="auto">