読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MILKの旅ブログ。マイルとホテルと

旅行と食べる事が大好き。飛行機やマイルの事、ホテルの事などいろいろ書きます。THE ALFEEのファン。

ルイ・キャーンズでランチ☆

いよいよ三日目。



何がいよいよかって、3つ星レストラン「ルイ・キャーンズ」を予約してある日なのです。



生まれて初めての3つ星。朝から緊張です!





しかし!母は全然緊張していないらしく、



朝食を昨日と同じようにモリモリ食べている。



「今日のお昼は特別なんだからね!



お腹いっぱいで食べられないなんて言わないでよ!」



という私に、「大丈夫大丈夫!」と言う母・・。



過去の経験から言って、大丈夫じゃないんです。



母は後先考えない性格なので。





お散歩から帰ってきて、11時半。



私達はおめかしを始めました。



「お腹空かないな~」と、思った通りの母の独り言。



またまたイヤーな予感です。





12時半、予約の時間通りに店に着き、



震える声で「予約した片岡です・・」と言うと、



「さぁ、どうぞこちらへ」といざなわれました。



そこには、煌めく部屋が・・・。




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






まるで、お城の中の部屋のようです。



圧倒されてしまった私は、緊張で変な冷や汗をかいてました。

 





テーブルに座ると、まず、大量のシャンパンがやって来ました。



「白、ロゼ、どちらにしますか?」と聞かれたので、



「ロ、ロゼ」と答えてしまった私・・。



良く考えたら、ロゼは高くつくんですよね。(笑)



ま、いいか、と思いながら、母と乾杯。



さすが、キリッとした味わいの美味しいシャンパン。

 





すると、ウェイターがメニューを二種類持ってきました。



一つはアラカルト、一つははランチの定食メニューです。



「来た来た~、読めないよぉ!」と思いながら、



フランス語のメニューとにらめっこ。



母に「適当に頼んでもいい?」と聞いてから、



本当に適当に頼む私。



ウェイターさんに「パーフェクト!」と言われ、ホッ。

 





まず、アミューズとして出てきたのは、南仏風のバーニャカウダ。




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






「ああ、ネットのブログに出てたやつだ!」と思いながら、



野菜の自然な味を味わう。



ここで、すでに母は「???」という顔をしていました。



「これがフランス料理なの?」と言いながらポリポリ。



「まぁまぁ、これからだから」となだめる私。

 





前菜は、私がシーフードのスープ。




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






かなり薄味で、体には良さそう。

 



母は、なんだかわからないお肉(母曰く)のサラダ。




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






「ちっとも美味しくないし、お腹いっぱい」と、



ブツブツ言いながら食べてました。


(やっぱり思った通りの展開だ・・・)

 





メインは、私がホタテ貝の柑橘系ソース。




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






かなり面白い味わいでしたが、



日本人の私としては、ソースにもっと甘みが欲しかった!

 





母は、またなんだかわからないお肉。(笑)




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






柔らかく舌ざわりはいいらしいんですが、



味がレバーだという。



明らかに「マズイ!」という顔で食べ続ける母に、



ウェイターさんは困り顔・・。

 





メインを終えた私達を待っていたのは、



チーズのワゴン!



チーズ大好きな私はワクワク。



母も、気を取り直して「これとこれとこれ!」と三つも頼んでいる。



私も三つ。



モンドールとロック・フォールとカマンベール。




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






(ダメなのに当たったら嫌なので、無難に)



母はまた「臭い!!」と騒ぎ出しました。



「朝食のチーズは臭くないのに、ここのは臭い」と。



そりゃ、いいチーズは匂って当たり前。



そこがいいのに、と思いながら私はパクパク。



母は残してしまいました。

 





そして、最後のデザート。



私は、「ババ」と呼ばれるお菓子。




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






ラム酒をかけていただきました。



これは美味しかった!

 





母のは、このようなもの。




片岡智子のブログ 「夢よ急げ」






またまた食材はなんだかわからなかったそうです。

 





もう、高級フレンチは母には合わないという事がわかりました。



その後、私はエスプレッソを、母はジャスミン茶をいただいたのですが、



ジャスミン茶が凄く美味しかったらしく、



「救われた~」と言ってました。





と、言うわけで、楽しみにしていた私にとっては、



散々なランチになってしまいました。



ルイ・キャーンズさん、本当にごめんなさい。



私達の舌が、きっと変なんです。




帰り際、お腹がいっぱいになりすぎて食べきれなかった小菓子と、


お土産のクッキーをいただいて帰りました。


ワイン一本、お水一本付で、一人140ユーロなり。


(シャンパンのみ、別会計)


三ツ星にしては、お得なランチだと思います。




つづく