MILKの旅ブログ。マイルとホテルと

旅行と食べる事が大好き。飛行機やマイルの事、ホテルの事などいろいろ書きます。THE ALFEEのファン。

ウェスティンからセントレジスバンコクへ

買い物とランチに満足した私達は、ホテルに戻り、チェックアウトです。

ラウンジでチェックアウトしている間、

母は「オレンジジュース2つね!」なんて言って、贅沢を楽しんでいます。(ちょっと偉そうw)

美味しいオレンジジュースの飲み放題もこれで終了。

名残惜しいなーと思いつつ飲んでいると、見目麗しい男性スタッフがいらして、

「この度はありがとうございました」と日本語で挨拶して下さいました。

初めて見る方だなーと思ったら、

昨日までお世話になっていた日本人女性スタッフが、今日はお休みと言う事で、代わりに来てくれたとのこと。

な、なんて手厚いサービスなんだ!ウェスティン!(*^◯^*)


「空港へ行かれますか?」と聞かれたので、

「いえ、次のホテル、セントレジスへ行きます」と答えると、

「かしこまりました、手配いたします。お荷物お持ちしますよ」と、玄関まで送って下さいました。

彼は中国の方でしたが、日本語がめちゃくちゃ流暢。とても丁寧な言葉遣いです。

母は中国人が苦手でしたが「こういう方もいるのね!」と、少し考え方が変わった様子。(^o^)


ホテル玄関でタクシーを待つ間、天気などの話をして、本当に最後の最後まで面倒を見てくれました。

こんなに素敵な対応をして下さったウェスティンには、感謝しきれません。是非、また滞在したい。


見送られてタクシーに乗り込み、30分ほどで、次の宿、セントレジスバンコクに着きました。

着くと、ベルボーイ達だけでなく、白い衣装を着た美しい女性スタッフが。

荷物はボーイに任せて、そのスタッフについていきます。

彼女は、館内設備の説明を流暢な英語でしながら、フロントのある12階へ、私達を連れて行きました。

12階には、座ってチェックイン出来るフロントが。

フロント係の女性もまた、流暢な英語。少し聞き取り辛くしていたら、

途中から、日本語を喋れる女性が来てくれました。

「滞在中わからない事があれば、私をご指名ください」との事。これは心強いです。


チェックインが終わると、今度は欧米系のハンサムなスタッフが。

「僕がお部屋までご案内します」とバッグなど持ってくれます。

部屋は18階の角部屋(!)でした。

スタッフは、部屋のシステムを簡単に説明。

ここで渡すべきなのか?と思い、チップを渡しました。


すると、彼が去った後に、またピンポンが。

今度はスーツケースが届きます。

ここでまたチップ。


と思ったら、またしてもピンポン。(笑)

最後はバトラーさん(執事)で、ウェルカムフルーツやデザートを持ってます。

これもチップ必要だよね?(^^;;

と言うわけで、小銭がどんどんなくなっていきます。


バトラーさんは、

「コーヒーやお茶などの温かいお飲み物は、僕たちが24時間いつでも無料でお持ちします!

早速お持ち出来ますよ!」と言うので、言葉に甘えて、カプチーノを注文。

IMG_1068


洋梨やチョコレートと一緒にいただきました。

IMG_1055


IMG_1056



セントレジスのお部屋はこんな感じ。

IMG_1057


IMG_1058


IMG_1059


IMG_1060


それはそれは豪華で素晴らしいもの。

天井も高く、窓も一面で大きく、広々としています。

これで一泊2万円代はお得です。

(宿泊費は日によって違いますが)


お風呂は、ゆったり寝ながら入れる広さ。

IMG_1062


IMG_1061


洗面はダブルシンク。

IMG_1063


IMG_1066


トイレが別になっているのも嬉しいです。

IMG_1064


シャワーブースには、ハンドシャワーとレインシャワーが。

IMG_1065


もう、あまりに快適で、外に出たくなくなる〜!

そんなお部屋でした。

つづく

 

 

ジ・ウェスティン・グランデ・スクンビット(Expedia)

 

ザ・セントレジス・バンコク(Expedia)

 


セントレジス・バンコク関連の記事

blog.milk78.com

blog.milk78.com