読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MILKの旅ブログ。マイルとホテルと

旅行と食べる事が大好き。飛行機やマイルの事、ホテルの事などいろいろ書きます。THE ALFEEのファン。

ディレイで帰れなくなるの巻

ANA 空港

沖縄から東京に帰る最終日の昼頃、メールにて「機材到着遅れのため、遅延します」とのメッセージが届きました。時間を見てみると、20時10分発だったのが、21時15分発になっているではないですか!

 

慌てて到着時刻を計算してみた所、ギリギリで最終バス、最終電車に乗れなさそう。えーっ!どうすればいいの?羽田で泊まり??

 

明日から仕事がある私、慌てて家族にメールしました。「泊まるかもしれないけど、必ず明日の朝には帰ります」と。。。

 

すると、察してくれた家族が「車で迎えに行こうか?」と提案してくれました。(T . T) ありがたい!ぜひそうしてよ、という事になり、一件落着に見えたのですが。

 

いざ空港に着き、カウンターで「遅延のお詫びの食事券」を一人1000円分いただき、美味しいお寿司を食べてから(もちろん足が出ましたw)、ゲートに向かったのです。

 

f:id:milk78:20170105095028j:image

 

↑美味しいお寿司

 

すると「21時15分の出発は、35分になりました」とアナウンス。えーと思っていると今度は「55分になりました」。1時間45分の遅れは、大きいですよ!帰れなくなる人がほとんどじゃないかな。

 

もちろん、ANA側からも提案がありました。「遅延のためにかかる費用を、おひとり様15000円まで負担いたします」とのアナウンス。

 

ここで、「真夜中に迎えにきてもらうのは悪いし、やっぱり泊まろうか」という話になりました。慌てて羽田空港内のホテルを見ましたが、案の定、もう取れない状態。。。一緒にいる母がうるさい人なので、格安ビジホは取りにくい。。。しょうがないので、品川駅近くの比較的高級なビジホを確保しました。(^_^;) 二人で、約16000円。品川までなら、タクシー入れても3万は行かないでしょう。

 

しかし、真夜中1時過ぎにチェックインして翌朝8時前にホテルを出る、しかも電車で帰るというのは、かなりキツイです。(T . T) ANAさん、ほんと勘弁してほしかった。

 

実は、夕方の時点では、羽田空港内のホテルがまだ空いていたんです。もっと早くにANAに問い合わせして、羽田空港のホテルを確保すべきでした。そうすれば、真夜中にタクシーに乗る必要もないし、翌朝もリムジンバスで楽々帰宅出来たのです。

 

遅延で帰れなくなるかもしれない時は、なるべく早め早めに問い合わせして、行動すべきなんですね。勉強になりました。

 

【追記】

 

結局、品川駅前の京急EXインに宿泊したのですが、フロントの感じはすごく良いし、高層階で30平米と広めだし、朝食会場はなかなか素敵だし、良かったです。(^。^) 母も、なんとか眠れた様子でした。帰りの電車も空いていたし、助かりました〜。

 

とはいえ、タクシーで家に直行という一番簡単な方法を忘れてました。(笑)運転手さん曰く、羽田空港から町田は案外近いとの事。。。宿の予約なんかせずにタクシー乗っちゃえば良かったです!